So-net無料ブログ作成

万葉超音波温泉(長野県戸倉上山田温泉) [旅・その他・気まぐれスペース]

昨日の出来事


午前中は、消防団の出初式だったもんで・・・

市長が午後から成人式に出席ってのもあってか

出初式を縮小してほしいとの令もあってか

縮小したのですが


お偉い人の挨拶を2~3人減らせば

かなり時間縮小できるとおもうのですが・・・

と要望したにもかかわらず却下されました


なので、閉会の時のお偉いさんのお話が長いこと長い事

で、昨日は曇天で寒くて

そんなところ直立不動しょ。

実は、消防団の

きおつけの直立はおろか

休め!の体制も規定があって

後ろの手は腰以上まであげて手を組むとか

あるわけですよ。

なので直立並みに動かないという行為自体が

疲れる体制だったりします

そんな体制で寒い中

体の芯までは、冷えませんでしたが

手足の先の方は麻痺するほど冷たくてさ


こりゃ終わったら温泉だな



で、午前中終わってから、

昼食は辞退(どうせデブの元といわれる台湾料理)


一人でお出かけしたわけです


向かったのは

せせらぎ温泉(長野県佐久市)

佐久市では 一萬里温泉 や 穂の香の湯

は行ったことあるけど、ここせせらぎ温泉は行ったことありませんでした

というのも、

入り口 入って早々外見が・・・

気にはなっていたものの入るまでには勇気が必要でした。

0113せせらぎ温泉01.jpg

もう、見た目からして廃墟!



産廃業者にたまたま捨てられた

せせらぎ温泉という看板でしょ?!

って感じなんですよ。

0113せせらぎ温泉03.jpg

軽ダンプといい、

ここは、やっぱり産廃業者なのか?

(あとでわかりましたが軽ダンプやその右の軽バンは客)

間違ったところ侵入してしまったのだろうか?

逆に不法侵入で捕まってしまうのだろうか?


と脳裏が、よぎります。


これだから入る勇気がありませんでしたw


0113せせらぎ温泉02.jpg

そして入り口

営業中とはなっているもの

入っても人の気配ありません


入った瞬間、むかーしの旅館っぽい作り。

フロントっぽいのがあるけどかなり薄暗いw


一応、料理みたいなのもやってるっぽいのかな


たぶん軽トラなどで来ていた数台の人の声が

食堂っぽい方から聞こえます。


カウンターのベルを鳴らし

数分待ったところ、女将らしき人あらわれ


お風呂入りたいのですが

と伝えたところ


今改装中なので入れないんですよ。


という返事


・・・感じとしては

改装中じゃなくて、

ボイラーか何か故障中なのか、湯が出てないのか?!

たぶんんーみんの感からすると

再営業は、しないか出来ないかのどちらかだと思います。


こんな場所は快く諦め

(経営者でも変わって再起してくれることを望みます)

千曲市方面に

戸倉上山田温泉到着


こちらは、前回逃亡で宿泊として使わせてもらった温泉街

(熱いお湯ですがツルツルぽかぽかになる温泉ですね)

今回は国道の入り口からほど近い

万葉超音波温泉にお邪魔

0113万葉温泉01.jpg


かなり混んでますが、

つるの湯、亀の湯も激混みだったので

こちらの温泉

正式名称は


大衆浴場万葉超音波温泉


といいます。

ここね。大衆浴場だけあってか

入浴料安いんです


大人380円です

(ちなみにつるの湯、亀の湯は300円でシャンプー、石鹸等なし)

で、ここは、リンスインシャンプーとボディソープ完備です。


0113万葉温泉.jpg

ただし、ドライヤーは有料w


そんな温泉で満喫したんだけど

出発が午後からだったから

帰りは、どこにもよらずに帰路に向かった次第です。


そして今日は、冷え込んだ足元もまだポカポカ状態です。

タグ:温泉
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。