SSブログ

てーじ屋 と びんぐし湯さん館(長野県坂城町) [ 温泉・旅・施設・風景]

先週の土日は、外食はするも、温泉に行ってなかったので

昨日は、せっかくのお休み、「温泉行こう」という気分になって

訳ありで封印(後ほど説明します)していた、

びんぐし湯さん館に行くことにしました。


その前に、坂城インターを降りると

時間は、11時15分。

腹ごしらえ腹ごしらえ


安易に、インターからびんぐし湯さん館の通り道で

(出発前にグーグルマップで確認済み)

「てーじ屋」

1103てーじ屋1.jpg

でランチです。

事前調査では、ランチは

オール500円だったのが値上げしていましたの情報

それは承知だったのですが、

んーみんが食べたかったものは、


スンドゥブ に キムパ(この店ではキンパって書いてありましたw)

だったんですよ。


が、

あれ??

500円が青く消されてるのは情報入手して理解が出来たが、

キンパの部分 青く × がしてある・・・食べられないのかな?

1103てーじ屋2.jpg

入り口を見ると

キンパは土曜のみ提供とな・・・


とりあえず 準備中でしたが

開店は11:30からで この写真を撮ったのが11:25頃

少しだから待つか


♪きだりるっけよ~なんすっちよ~や~まん はぁ~~ちょ~~♪

(待ってます、あなただけだから) (byシンスンフン I Belive)

韓国料理だから、

韓国の曲で鼻歌で待ちます。


時間が来たので

中に入ります

1103てーじ屋3.jpg

とにかく目立つのは


ステーキ丼(土曜日のみ限定5食)、

キンパ(土曜日のみ)

参鶏湯(要予約)


・・・そしてこの日は火曜日・・・

目立たせる必要があるのか?


キムパがないんじゃ・・・


海鮮スンドゥブ と 豚カルビ丼 をオーダー


まずは豚カルビ丼

1103てーじ屋4.jpg

んーみんは基本、

肉多めの店に行きがちだったので

肉の少なさに、ある意味新鮮ですw


食しましょう。 

韓国料理っぽく、ゴマ油は凄く効いてますね。

塩味系なので、それなりに食は進みます


1103てーじ屋5.jpg

そして来ました海鮮スンドゥブ

スンドゥブって漢字で書くと 純豆腐 なんですよね。

それがどうしたといったら、いえ何でもありませんと答えるだけです。

(オチにも何もなっておりません)


実際のグツグツ感はやっぱり動画じゃないと




これね。


スンドゥブの卵を溶いて軽くまじぇまじぇして

いただきま~(チャルモケッスムニダ~)

1103てーじ屋6.jpg

当然、豚カルビ丼を浸したって

美味いはずだよね。

ハフハフしながら食う!


この熱々を

食らうのですが、

そこそこ寒くなってきた時期、

小さな保温瓶ごと

熱いお茶持って来てくれたんさ。


食して、喉を通った瞬間

アチチチチ

水・・・水・・・水・・・

お茶を飲む

アチチ・・・

水・・・水・・・水・・・


もうね。パニック状態。

あっちの国では、

食べる前に必ず飲物を頼むのが習慣なのね


実は、「お水ください」は失礼なわけよ

どうしても欲しかったら、飲物頼んでからの

「お水、少しだけください」(むるじょむちゅせよ)って言えば

もらえるけどさぁ~。

んーみん的に、ジュース1本も頼まないで 水を求めるのは失礼ですね。


なので 火傷上等!って感じに

汗だくになって食べましたよ。


味は、意外と美味しいスンドゥブでした。


ごちそうさまです(ちゃるもごっすむにだ)


腹ごしらえも終わり

行くのは びんぐし湯さん館

1103びんぐし湯さん館1.jpg

封印していたといいましたが

ここに最後に訪れたのは、びんぐし湯さん館が 

リニューアルオープンして1年目ぐらいの

今からちょうど10年前になります。


その時は高速道路も、一律1000円の頃で

週末になると、親父やお袋、同級生だったり、近所の人を連れて

温泉巡りしていた時期だったのですが

ここには親父とお袋を連れてきました


ここの温泉は

有名な人の設計らしく

見晴らしが良い作りだけでなく

お勧めは、寝湯。

他の寝湯は、あまり人気ありませんが、ここも人気はいまひとつw

ですが、んーみん的には、

寝湯はここが1番と豪語しても良いかと思います。

というのも

1103びんぐし湯さん館2.jpg

(他に人が居たので居ない時を狙って脱衣所から撮影)


景色が一望できる温泉です。しかも超開放的です。

寝湯も、寝転んだ状態でも景色が見える設計。

でもって、寝湯って安定しないイメージですが

しっかりフィット感。お尻も滑らない設計です。


あのとき親父に寝湯に浸かりながら

「ここは、いつまでも入っていたいなぁ~」

という風に言われました。

連れてきた価値はあったかな

と喜んでいたのです。


そんな、良き温泉なのですが

「封印」してしまいました。

2日後に親父が脳梗塞で倒れてしまったのです。

治療3か月入院、リハビリで別病院にて3か月入院。

命は助かったものの半身不随で、退院後も

デイリーに通う日々の始まり。


親父が健全な時に最後に行った温泉が

ここになったわけです。

個人的には、自分が連れていってしまったのが

数ある原因の中の一つじゃないかということで 

自分を責めたて、封印してしまったわけです。


親父も亡くなりもうすぐ2年。

「いつまでも入って居たい温泉」と言われるのが頭から消えず、

ネガティブ思考は捨てて、あえて封印を解きに出向いたわけです。


周りには 戸倉上山田温泉、別所温泉など有名温泉地が

ありますが、近いだけあって泉質は、負けず劣らず・・・

しかし、人気あるところにしか人は行かず・・・

が現状でしょうね。

殆ど地元民しか居ないって感じですけど

なかなか良い温泉ですよ。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 2

コメント 2

goro

いやいや、素晴らしい親孝行だったと思いますよ。
絶対お父さんも幸せだったと思います。

人気の温泉も良いけど、人が少ない温泉も良いですよね。
良さはそれぞれ!
by goro (2020-11-05 09:07) 

んーみん

ジオラマをずっと見られる人なら
時間が止まったような感じがして
お勧めです。
手前に千曲川
高速道路で車の動きも見れれば
しなの電鉄の列車も見れます(微かに音もわかる)
夜行ったことないですが、夜景も綺麗かと思います

親父は、半身不随になっても、何度も温泉連れていったのですが
自分だけでなく親父本人も気にしてたのか、
ここにもう一度行きたいとは
一度も言ってくれませんでした。
(お互いに封印してしまった事になりますね)

佐久の「一萬里温泉」(歩行湯治療出来たので)や
須坂の「湯っ蔵んど」(小さいけど歩行湯あったので)
ばかり行きたがりましたね。(リハビリにもなるから?!)


一萬里温泉は今年4月閉館してしまいました
経営者変わって再営業してくれることを願います


人が少ない温泉は気兼ねなく入れて
自分は大好物ですw
by んーみん (2020-11-05 11:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。